7-9月の米住宅差し押さえ件数、前年から倍増-リアルティトラック

米リアルティトラックによると、7-9月 (第3四半期)に差し押さえ手続きが開始された住宅物件は前年同期から倍増 した。変動金利(ARM)型住宅ローンの金利リセット(見直し)で、サブプ ライム(信用力の低い個人向け)ローンの借り手が支払い負担増に対応できな くなったことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。