プロミス:中間純利益を118億円に増額、貸し倒れや債務保証費用減少

大手消費者金融のプロミスは1日、2007 年9月中間期の連結純損益が約118億円の黒字になったもようだと発表した。 従来予想の12億円の黒字を大きく上回る見込みだ。前年同期は1594億円の赤 字だった。貸し倒れ費用や債務保証費用が減り、営業費用が当初計画より141 億円下回ったことが主因。

発表資料によると、営業収益は従来予想とほぼ同水準の1701億円だった もよう。営業利益は予想の38億円を大きく上回り171億円、経常利益は同34 億円から182億円に増額する見込みだ。また、現時点で中間配当予想には変更 はなく、業績と配当の下期予想値は中間決算発表時に公表するという。同社は 8日に確定値となる決算を発表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE