プロミス:中間純利益を118億円に増額、貸し倒れや債務保証費用減少

大手消費者金融のプロミスは1日、2007 年9月中間期の連結純損益が約118億円の黒字になったもようだと発表した。 従来予想の12億円の黒字を大きく上回る見込みだ。前年同期は1594億円の赤 字だった。貸し倒れ費用や債務保証費用が減り、営業費用が当初計画より141 億円下回ったことが主因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。