日本株は大幅反落へ、米住宅問題が再燃-銀行や輸出株中心に全面安

週末の東京株式相場は大幅反落する見通し。 1日の米国でサブプライム住宅ローン関連損失に対する不安が再燃したことで、 海外投資家のリスク許容度の低下から金融株中心に幅広く売りが先行しそう。 米消費懸念や為替の円高傾向から、海外収益依存度の高い輸出関連も業績不透 明感から下落する公算。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。