NY外為:円上昇、キャリー手じまい-ローン評価損への懸念再燃(2)

ニューヨーク外国為替市場では円が主要 16通貨すべてに対して上昇。シティグループとバンク・オブ・アメリカ(BO A)の投資判断引き下げで、金融機関のローン評価損への懸念が再燃したこと から、円で借りた資金をリスク資産に投じるキャリー取引が手じまわれた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。