ヤマダ電社長:ベスト電株を4割超に買い増しへ-資本の論理強調(2)

家電量販店最大手のヤマダ電機の山田昇社長 は1日、都内での会見で、ベスト電器との関係を深めるため、株式を4割超まで 買い増す考えを明らかにした。ベスト電をめぐってビックカメラとの争いが展開 されているが、ヤマダ電が大幅な株式買い増し目標を表明したことで、家電量販 店同士の競争はさらに激しさを増していきそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。