米メリルリンチ:オニール氏に壊された「企業文化」に悲嘆の声

1990年代に米証券大手メリルリンチの最高 経営責任者(CEO)を4年間務めたダニエル・タリー氏(75)によれば、同 社は創業者のチャールズ・メリル氏が死去した1956年当時から常に、トップが ある日バスにひかれても困らないような後継者選出プランを用意してきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。