ダイハツ:中間純利益13%増、売上高、利益とも最高-海外好調で(2)

トヨタ自動車の子会社、ダイハツ工業が1 日発表した9月中間期の連結業績は、純利益が前年同期比13%増の126億円と なった。アジアを中心とする海外販売が増加したことで売上高、各段階の利益と も過去最高を更新した。通期の業績見通しは、7月25日の第1四半期決算発表 時に修正した数値を据え置いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。