台湾の中華電信:07年設備投資予想を10%引き下げ-270億台湾ドルに

台湾の通信会社最大手、中華電信は31日、 携帯電話部門の予算縮小のため2007年の設備投資見通しを10%引き下げ、270 億台湾ドル(約960億円)とすることを電話会議で明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。