ポールソン米財務長官:米経済は「健全」、最大のリスクは住宅市場

ポールソン米財務長官は31日、米経済は「健 全」である一方、最大のリスクは住宅や住宅ローン市場だとの認識を示した。

米商務省が31日発表した7-9月期の国内総生産(GDP)速報値は前期 比年率3.9%増加と、2006年1-3月期以来の高水準を記録。住宅建設の落ち 込みが続いた一方、個人消費や設備投資が好調に推移した。

ポールソン長官は、ワシントンで記者団に対し「わたしは現在、住宅や住 宅ローン市場の落ち込みが、米経済にとって最大のリスクだとみている」と言 明。その上で「とはいえ、きょう発表されたGDP統計は、米経済は健全かつ 多様化されており、今後も成長を続けるというわたしの認識を裏付けた」と述 べた。

-- Editor: Murray (cxa)

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: John Brinsley in Washington at +1-202-654-4315 or jbrinsley@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net.

企業別ニュース: