中国:1-6月期の経常黒字、前年同期比78%増-国家外為管理局

中国国家外為管理局(SAFE)は31日、 2007年1-6月(上期)の経常黒字が前年同期比78%増の1628億6000万ド ル(約18兆7500億円)となったと発表した。輸出の増加を反映した。前年同 期は915億8000万ドルだった。

SAFEのウェブサイトによれば、同期の資本・金融収支は901億6000 万ドルの黒字。前年同期の黒字は389億3000万ドルだった。国際収支の黒字 額は7-12月(下期)も引き続き「大きい」見込みだという。

SAFEは、中国が短期資本流入のコントロールを強化し、人民元の交換 性を「着実」に進めるほか、外国為替市場の育成を加速し、資金流出の制限を 緩和すると表明。外国企業による中国国内での資本調達に関する規制を緩和す ることを政府が検討していることも明らかにした。