コンテンツにスキップする

中国株(午後):CSI300指数、4日続伸-中国国際航空が高い

31日午後の中国株式市場では、CSI300 指数が4営業日続伸。中国企業の利益が今後も拡大するとの観測が広がった。

31日付の上海証券報によれば、中国の上場企業67社の2007年1-9月期 利益は前年同期比67%増となった。

中国国際航空など航空株が高い。同社が30日に発表した2007年7-9月 (第3四半期)決算で一時項目を除いた利益が前年同期の約2倍に達したほか、 原油価格がここ3カ月で最大の下げとなったことが好感された。

HSBC晋信基金管理で約5億1700万ドル相当の資産運用に携わる投資マ ネジャー、閻冀氏(上海在勤)は、「企業の増益率は市場予想を上回り、この勢 いが来年も続くとの楽観的な見方が強まった」と指摘した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、現地時間午後1時29分(日本時間同2時29分)現在、前日比

45.12ポイント(0.8%)高の5641.19。

時価総額で世界最大の中国国際航空(601111 CH)は1.49元(7.2%)高の

22.30元。米資産家のジョージ・ソロス氏が出資する海南航空(900945 CH)は

0.25元(2.4%)高の10.48元。同社は7-9月(第3四半期)決算が19%増益 になったと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE