全日空:中間期は過去最高益、ホテル売却益計上-通期据え置き(1)

国内第2位の航空会社、全日本空輸が31 日に発表した9月中間期の連結純利益は、過去最高の1055億円となった。前年 同期比では3倍強。ホテル事業の売却で1330億円の特別利益を第1四半期 (2007年4-6月)に計上したのが主因。

売上高は同1.4%増の7633億円。国内線の旅客数減はあったものの、ビジ ネス需要を中心とした国際線個人旅客が好調だったほか、運賃値上げで客単価 を維持したことから増収を確保した。営業収入は過去最高。ただ、燃料の高騰 は先物ヘッジなどでコストコントロールしたが、燃料代の上昇分を賄い切れず 営業利益は同2.5%減の671億円となった。燃料費は同約250億円増加した。

通期(2008年3月期)の連結純利益は、前期比96%増の640億円、売上高 は前期並みの1兆4900億円の予想を据え置いた。国際線中心に引き続きビジネ スを中心とした個人需要が見込まれるものの、原油価格が依然高水準で推移す ると予想されるため、状況を見極めることが必要と判断した。

全日空の株価は前日比5円(1.1%)高の443円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE