米グーグルとベライゾン、携帯電話向けソフトで提携交渉-関係者

インターネット検索最大手の米グーグルが、 米通信サービス2位のベライゾン・コミュニケーションズと携帯電話向けソフ トウエアやサービス事業で提携するため交渉を進めていることが、事情に詳し い関係者の話で30日分かった。

関係者によるとグーグルは、携帯電話向けに自社版の基本ソフト(OS) や応用ソフト(アプリケーションソフト)を開発する可能性がある。両社は現 在、提携契約の内容や開発事業の黒字化の具体的方法について協議しており、 まだ合意に近い段階ではないという。

グーグルにとってベライゾンとの提携は、インターネット広告市場での強 みを生かして携帯電話市場に進出する上で役立つ。ベライゾンにとっては、ウ ェブ閲覧など比較的利益率の高いデータ通信事業の売り上げ増加につながる可 能性がある。

グーグルの広報担当エリン・フォース氏と、ベライゾン・ワイヤレス(ベ ライゾンと英ボーダフォン・グループの合弁会社)のジム・ジェラーチェ氏は コメントを控えた。両社の提携交渉については、30日付の米紙ウォールストリ ート・ジャーナルが先に報じていた。

グーグル株の30日終値は前日比15.54ドル高の694.77ドル。ベライゾン は63セント安の45.36ドル。

ハイテク調査会社IDCによると、ウェブ対応の電話端末の販売台数は 2011年までに約10億台に達する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE