米メリルのオニール前CEO、約185億円の株式報酬を手に退社

米証券取引委員会(SEC)への届け出に よると、米証券大手メリルリンチのスタンレー・オニール前最高経営責任者(C EO)は1億6150万ドル(約185億円)相当の株式などを手に同社を去ること になった。

メリルの30日付の届け出によると、オニール氏は退職金や2007年の賞与 は受け取らない。メリルは30日、オニール氏が同日退任すると発表した。「退 任」扱いのため、同氏が既に得ている株式賞与については権利が認められる。

2007年7-9月(第3四半期)の84億ドルの評価損を受け、メリルの取締 役会はオニールCEOに退職金を支払わないことを決めた。

オニール氏はメリル勤続21年に得たストックオプション(自社株購入権) と年金、繰り延べ報酬を自分のものにできる。最大3年間オフィスと秘書もメ リルから提供される。