ロンドン外為:ポンド、26年ぶり高値-英米の金利差見通しで(2)

30日午前のロンドン外国為替市場では、ポン ドがドルに対し、26年ぶりの高値を付けた。イングランド銀行が政策金利を6年 ぶり高水準で維持する一方、米金融当局は31日にも利下げするとの観測が広がっ ているためだ。

英中銀の金融政策委員会(MPC)メンバー、ケイト・バーカー氏が、同メ ンバーらは引き続き、金融環境が利下げを正当化するのに十分変化したかどうか を検討していると述べたと一部で報じられた。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの為替ストラテジスト、ニール・メラ ー氏(ロンドン在勤)は、「市場参加者は、米金利が今後も引き下げが続く一方で、 ユーロ圏と英国は見通しが不透明だとみている。すべての材料が、ドル相場の下 落を示唆している」と語った。

ポンドはロンドン時間午前9時49分現在、1ポンド=2.0644ドル。一時

2.0660ドルと、1981年5月29日以来の高値を付けた。対ユーロでも1ユーロ=

69.708ペンスと、前日の69.945ペンスから上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE