ルクセンブルク首相:強いユーロ、特定諸国の経済の一部に悪影響

ルクセンブルクのユンケル首相兼財務相は 26日、記者団に対し、以下の通りコメントした。

強いユーロは「弱いユーロよりも好ましい」

「強いユーロは特定諸国の実体経済において、特定の部門で特定の問題を生 み出している。しかし全体としては、強いユーロは今までのところ経済動向に悪 影響を及ぼしていない」

「日本にはデフレの危険は一切見当たらない」