中国人民元:週間ベースで2週連続高-G7声明受け一段高観測

今週の中国外国為替取引で、人民元はドル に対し上昇し、2週連続のプラスとなった。中国共産党が人民元の交換性を促進 する意向を強調したのに加え、ワシントンで前週末に開催された7カ国財務相・ 中央銀行総裁会議(G7)が人民元の上昇ペース加速を呼びかけたことが背景。

胡錦濤国家主席は先週開催された中国共産党第17回大会での演説で、政府 は為替制度の「改善」を目指すことを明らかにした。G7は声明で、人民元の 「速いペースでの増価」を求めた。

メイバンク上海の債券トレーダー、ウ・ピンソン氏は、「共産党大会期間中 の先週の値動きは比較的小幅だったが、今週の騰勢で追いつく格好となった」と 述べ、「人民元が2日間で1ドル=7.50元を突破し、同7.49元の水準を超えた が、これはめったに起こることではない」と語った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、人民元は上海時間午後5時半 (日本時間同6時半)現在、前週末比0.14%高の1ドル=7.4976元。この日の 取引時間遅くに下落し、前日比では0.2%安となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE