上海銅先物相場:上昇-景気拡大で中国の1-9月の銅輸入がほぼ倍増

26日の上海銅先物相場は、上昇している。 中国の景気拡大を背景に、同国の銅輸入が増加したことが要因。中国は世界最大 の銅消費国。

中国税関当局が25日に発表した中国の1-9月の精錬銅・銅合金の輸入は、 前年同期比でほぼ倍増した。また。中国の2007年7-9月(第3四半期)の国 内総生産(GDP)伸び率は前年同期比11.5%と、06年7-9月の10.6%を上 回った。

上海先物取引所の銅先物相場1月限は、前日比最大390元(0.6%)高の1 トン当たり6万5400元。上海時間午前10時13分現在、6万5310元で取引され ている。

ロンドン金属取引所(LME)の銅先物相場(3カ月物)は、前日比ほぼ変 わらずの1トン当たり7760ドル。25日は一時1.2%高の7785ドルまで上げた。 また、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物相場 12月限も、上海時間午前9時49分現在、前日比ほぼ変わらずの1ポンド当たり

3.4915ドルで取引されている。25日は最大1.2%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE