バフェット氏:ドルには「引き続き悲観的」-株通して外貨に投資したい

米保険・投資会社バークシャー・ハサウェ イを率いるウォーレン・バフェット氏は25日、訪問先の韓国で記者団に語り、 ドルには「引き続き悲観的」だと述べた。

バフェット氏はまた、「株を通して外貨に投資したい」との考えを示した。 バークシャーは2006年にイスラエルの工具メーカー、イスカル・メタルワーキ ング株80%を取得した。今回の中国と韓国訪問はイスカルが企画した。同社は バークシャーにとって最初の外国企業投資だった。