ヤフー株が急落、中間純利益9.2%増もアナリスト格下げ相次ぐ(2)

ポータル(玄関)サイト国内最大手のヤフ ーの株価が売り気配で始まり、午前9時46分過ぎにストップ安(値幅制限いっ ぱいの下落)となる前日比5000円(9%)安の5万800円で取引が成立した。 その後も同水準で売り気配。中間業績を受けて証券会社各社が相次いで投資判断 を引き下げたことから、売りが膨らんでいる。

ヤフーは24日の取引終了後に、広告事業などが好調だったとして9月中間 期連結純利益が前年同期比9.2%増の293億円だったと発表した。不動産、 オ ークションなどの法人向けネット事業も順調に推移。しかし、証券各社が業績発 表を受けてヤフー株の投資判断を引き下げており、52週高値(5万9000円、10 月23日)にあった中で、一段の株高期待が後退した。

JPモルガン証券は25日付で「オーバーウエート」から「中立」に引き下 げた。ヤフー担当の佐藤博子アナリストはレポートで、「第2四半期業績につい ては大きなサプライズはない」と分析。投資判断引き下げの理由として、「株価 はすでに目標株価に達しており、保守的な第3四半期の会社予想に大きなアップ サイド・サプライズがなかったため」とした。

ヤフーが24日発表した、第3四半期(同年10-12月)業績予想では売上高 が684億-708億円、営業利益297億-311億円、純利益166億-175億円を見 込む。同社は通期の業績予想は従来から発表していない。

ゴールドマン・サックス証券でも25日付で、「買い」から「中立」に引き 下げている。担当アナリストの樋口夏子氏はレポートで、「ヤフーの目標株価は 5万円を維持するが、さらなる株価上昇にはディスプレイ広告の再加速基調を確 認する必要がある」と指摘した。

また、ドイツ証券とKBC証券も「ホールド」から「売り」にそれぞれ変更 している。

同社の中間売上高は同17%増の1177億円、営業利益は同22%増の598億円 だった。ブランディング効果の高い商品や行動ターゲッティング広告などが順調 に売り上げを伸ばした。また同社は、トップページを2008年初頭にも改訂する 方針を明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE