米国株:下落、メリルリンチやアマゾン・ドット・コムが安い

米国株式相場は下落。米メリルリンチ の発表した2007年7-9月(第3四半期)決算が四半期としては過去最大の 純損失を記録したほか、9月の中古住宅販売件数の落ち込みが売り材料だった。

メリルの株価は2002年以来最大の値下がりを記録。信用市場での取引に 関連して84億ドルの評価損を計上したことが手がかりとなった。半導体のブ ロードコムは5年ぶりの大幅安。研究開発費がかさみ、減益決算を発表したの が嫌気された。インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムは利益見通 しが一部アナリストの予想を下回り、過去1年3カ月で最大の下げとなった。

この日の米国株相場は軟調に推移していたが、取引後半にかけて上昇。ダ ウ工業株30種平均は、一時前日比206ドル安から値を戻した。トレーダーが 連邦公開市場委員会(FOMC)は31日の会合で0.5ポイントの利下げを実 施するとの見方を強めたのが背景。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指数は 前日比3.71ポイント(0.2%)下げて1515.88となった。一時は2%安ま で売り込まれた。ダウ工業株30種平均は0.98ドル安い13675.25ドル。ナ スダック総合指数は24.5ポイント(0.9%)低下して2774.76で終了した。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンで1620億ドルの資産運用に携わる リオ・グロホウスキー最高投資責任者(CIO)は、「何が市場を混乱させる かを示す象徴的な日だった。市場はさらに悪化する可能性がある」と語った。