ヤフー:中間期純利益9.2%増、広告など順調-第2四半期4.0%減(2)

ポータル(玄関)サイト国内最大手のヤフー が24日発表した9月中間期連結決算によると、純利益は前年同期比9.2%増の293 億円だった。広告事業や不動産、オークションなどの法人向けネット事業が順調だ った。

中間期の売上高は同17%増の1177億円、営業利益は同22%増の598億円だっ た。ブランディング効果の高い商品や行動ターゲッティング広告などが順調に売り 上げを伸ばした。また法人向けのヤフー不動産、ヤフーオークションなども好調だ った。一方、個人向けビジネスであるパーソナルサービス事業は伸び悩んだ。

また同時に発表した第2四半期(2007年7-9月)は、売上高が前年同期比 19%増の610億円、営業利益が同20%増の300億円、純利益が同4.0%減の130億 円となった。

第3四半期(同年10-12月)では売上高が684億-708億円、営業利益297 億-311億円、 純利益166億-175億円を見込む。同社は通期の業績予想は従来か ら発表していない。

ヤフーの株価終値は前日比900円(1.6%)高の5万5800円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE