マイクロソフト、Xboxの家族向けバージョン投入へ-Wiiに対抗

米マイクロソフトは今年のクリスマス商戦 に向け、「Xbox360」の家族向けバージョンを発売する。家庭用ゲーム機の 最新機種の中でトップを走る任天堂の「Wii」追撃を目指す。

家族や子供をユーザーに想定した「Xbox360アーケード」の価格は

279.99ドル(約3万2100円)で、今までの「Xbox360コアシステム」に代 わる商品となる。アーケードにはゲーム5本入りのディスクとワイヤレスコン トローラー1つが付属する。ゲームの保存とマイクロソフトのオンラインサー ビス利用のためのメモリーユニットも含まれる。Xboxグローバル・プロダ クト・マネジャーのアーロン・グリーンバーグ氏が語った。

Xbox360の米国での販売台数は今年、8月まで毎月249.99ドルのWi iを下回った。振ったりひねったりといったプレーヤーの動作をゲームに伝え るWii独特のリモコン型コントローラーは家族や子供に受け入れられ、同ゲ ーム機の人気を高めた。ティーンエージャーや若者をユーザー層とするXbo xは、年末までに世界のゲーム機市場での優位を任天堂に奪われる恐れがある。

調査会社ガートナーのアナリスト、バン・ベーカー氏は、新バージョンは 「家族向け市場に食い込むのに役立つかもしれない」が、「Xboxはマニア向 けのゲーム機だという印象を変えるのが難題だ」として、子供や家族に直接訴 えかけるようなマーケティング戦略が求められると指摘した。

アーケードには「パックマンチャンピオンシップエディション」や「ウノ」 などのゲームが付属する。マイクロソフトはまた、Xboxのビデオオンデマ ンド・サービスを通してワーナー・ブラザーズ・エンターテインメントのアニ メ「ルーニー・テューンズ」シリーズの独占販売を開始する。また、就学前の 幼児向けのテレビ局ニコロデオンの番組も提供する。

Xbox360は人気ゲームの「Halo(ヘイロー)3」の効果で9月に今 年初めて米販売台数がWiiを上回ったものの、ウェドブッシュ・モルガン・ セキュリティーズのアナリスト、アナリスト、マイケル・パクター氏によれば、 家族向けのゲーム機としては認知されていない。

今回の家族向けバージョンは今年のクリスマス商戦で投入する3モデルの うち2番目の売れ筋になると、グリーンバーグ氏は考えている。1番目は20ギ ガバイトのハードディスクを搭載した349.99ドルのモデルだという。

Wiiは、価格は低いものの、品不足が年末商戦のネックになりそうだ。 小売店の売り切れによって「Wiiが250ドルで買えないなら、Xboxの方 が割安だ」とベーカー氏は話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE