米GM:インドでエンジン工場設立を計画、輸入コスト削減狙い

自動車大手の米ゼネラル・モーターズ (GM)はインドで同社初のエンジン工場の設立を計画している。GMのイン ド現地法人のマネジングディレクター、カール・スリム氏が23日、ニューデ リーで記者団に明らかにした。

同社は2010年までにインド自動車市場のシェア10%獲得を狙っている。 エンジン工場設立で輸入コストを抑え、インドの2大自動車メーカーで、現地 生産を柱としているスズキと韓国のヒュンダイモーターカンパニー(現代自動 車)への攻勢を強める。