大気中のCO2濃度:予想上回るペースで上昇、温暖化加速か-調査

オーストラリアの科学者らが中心となって 実施した調査で、汚染度の高い燃料の利用が世界的に拡大しているため、大気 中の二酸化炭素(CO2)濃度が予想を上回るペースで上昇していることが明ら かになった。

調査リポートは、気候変動の主要因とされるCO2の濃度上昇により、地球 温暖化が加速する恐れがあるとしている。これまでの調査結果と今回の調査か ら、今後の気候変動に関する科学者らの見方が変化する可能性がある。

米国科学アカデミー紀要に掲載された調査リポートによると、2000年以降 のCO2の増加率は年率平均3.3%と、1990年代の同1.1%を上回った。リポー トの執筆者の1人である英南極調査局の科学者コリーヌ・ル・ケレ氏によると、 この増加率は、経済成長に基づいた科学者らの予想より35%高い水準だった。

ル・ケレ氏は電話インタビューで「増加率の加速の要因は驚くべきものだ」 と語った。「要因の1つは、CO2の利用が予想されたほど効率的に進められて いないことだ」と述べ、CO2を吸収する海水や土壌について触れながら、「2 つ目は、CO2の吸収が鈍化していることだ」と指摘した。

ル・ケレ氏によると、大半の気象モデルはエネルギー生産の効率性が向上 すると仮定しているため、今回の調査結果は、地球温暖化の予測に影響を及ぼ す。また、CO2の吸収の鈍化について予測しているのは、一部の最も極端なモ デルだけだという。

-- Editor: Rule

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor: abe 記事に関する記者への問い合わせ先: Alex Morales in London at +44-20-7330-7718 or amorales2@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Elser at +44-20-7673-2284 or celser@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE