日本の自動車部品メーカーは革新的、関係強化へ-独ダイムラー

独自動車大手ダイムラーの研究責任者、 トーマス・ウェーバー氏は22日、東京でインタビューに応じ、デンソーなど 日本の自動車部品メーカーの方が欧州の同業よりも革新的であるとし、関係強 化を図る意向を明らかにした。

同氏は「特にエレクトロニクスの分野では日本メーカーの方が新しい試み を好み、柔軟性がある」と指摘。特別注文のニーズに応えるため、選択肢の広 い提携先を増やす必要があると述べた。さらに、安全性や環境の規制強化を背 景に共同開発によりコストを削減できるとの考えも表明した。

ウェーバー氏によると、ダイムラーはナビゲーション装置で松下電器産業 のパナソニック部門と、自動車の安全性についてデンソーと提携している。日 本のほかの企業とも話を進めているとしたが、詳細は明らかにしなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE