米ワシントン・ミューチュアルの7-9月:減益-住宅ローン償却響く

米S&L(貯蓄・貸付組合)最大手のワ シントン・ミューチュアルが17日発表した2007年7-9月(第3四半期)決 算は、前年同期比72%減益となった。不良債権化した住宅ローンの償却が響 いた。

純利益は2億1000万ドル(1株当たり23セント)。前年同期は7億4800 万ドル(同77セント)だった。1株利益はブルームバーグがまとめたアナリ スト15人の予想平均に一致した。

第3四半期利益は、ライバルのアーマンソンの買収費用を計上した1998 年第4四半期以来で最低。住宅不況が過去16年で最悪となるなか、ローンの焦 げ付きが増加し、ウェルズ・ファーゴやCITグループ、USバンコープなど も今週、住宅ローン関連事業で損失を計上したと発表している。ケリー・キリ ンジャー最高経営責任者(CEO)は4月、同社の住宅ローン部門を年末まで に黒字化すると約束していた。

全米抵当貸付銀行協会(MBA)によれば、米国のサブプライム(信用力 の低い個人向け)住宅ローンの延滞は4-6月(第2四半期)に5年ぶりの高 水準に達した。このため、サブプライム住宅ローン担保証券市場は第3四半期 に事実上停止状態となり、ワシントン・ミューチュアルは保有証券価値の評価 引き下げを迫られた。業界紙インサイド・モーゲージ・ファイナンスによると、 ワシントン・ミューチュアルはサブプライム住宅ローン市場で昨年11位。上位 20位のうち半数以上はその後、経営破たんや身売りの模索、サブプライム住 宅ローンの実行停止を余儀なくされている。

ワシントン・ミューチュアルの株価は17日、前日比13セント安の33.07 ドルで終了。年初来では27%安。決算は通常取引終了後に発表された。その 後の時間外取引では午後4時14分(日本時間18日午前5時14分)現在、ほぼ 変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE