韓国ポスコ:7-9月期決算は1年ぶり減益、コスト上昇など響く

株式時価総額でアジア最大の製鉄会社、韓 国のポスコが16日発表した2007年7-9月(第3四半期)決算は、1年ぶりの 減益となった。自動車メーカーや造船会社向け価格を値上げしたものの、鉄鉱石 価格の上昇やステンレス鋼生産の減少が響いた。

発表資料によると、純利益は8710億ウォンとなり、前年同期の8820億ウォ ンから減少。売上高は前年同期比ほぼ横ばいの5兆2600億ウォンだった。

ブルームバーグがまとめたアナリスト7人の予想平均では、9320億ウォン の利益が見込まれていた。

中国の需要拡大を背景に、07年の鉄鉱石価格は前年比で9.5%上昇している。 ポスコはコスト増を販売価格に転嫁させる可能性がある。また同社は今年、8042 億ウォン(約1020億円)の経費節減を目指していることを明らかにした。

ポスコの株価はこの1年で2倍超に上昇。時価総額は640億ドル(約7兆 4800億円)となっている。16日の韓国株式市場で同社株は3営業日続落し、

0.9%安の66万9000ウォンとなった。決算発表は取引終了後だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE