バフェット氏:米鉄道2社、ユニオンとノーフォークの保有株を削減

米資産家ウォーレン・バフェット氏率いる 投資会社バークシャー・ハサウェイが、ユニオン・パシフィックとノーフォー ク・サザンの米鉄道2社の保有株を削減したことが、15日付の米証券取引委員 会(SEC)への届け出で明らかになった。

それによると、バークシャーは2007年4-6月(第2四半期)に米鉄道最 大手ユニオン・パシフィックの保有株を30%削減し、741万株とした。同4位の ノーフォーク・サザンの保有株は41%減らし、376万株としている。

バークシャーは、米鉄道2位のバーリントン・ノーザン・サンタフェの株式 は17%を保有。T2パートナーズの運用担当者、ホイットニー・ティルソン氏 は「バフェット氏のやり方は、特定のセクターで最も好きな銘柄に集中投資する ことだ。テーマに沿って投資した上で、バーリントン・ノーザンが一番好ましい という結論に至ったのではないか」と述べた。

15日のニューヨーク証券取引所で、ノーフォーク・サザン株は53.15ドル で終了。バークシャーがノーフォーク株保有を開示した1-3月(第1四半期) 末からは5%上昇している。4-6月期では3.9%値上がりした。ユニオン・パ シフィック株の15日終値は118.16ドルで、1-3月期末以降で16%の値上が り。4-6月期には13%上昇した。

バーリントン・ノーザン株の15日終値は83ドルちょうど。1-3月期末か ら3.2%上昇した。

ノーフォーク・サザンの広報担当者、フランク・ブラウン氏とユニオン・パ シフィックの同ジェームズ・バーンズ氏はそれぞれ、コメントしなかった。