NY金:上昇、27年ぶり高値-原油高とドル安でインフレヘッジ需要

ニューヨーク金先物は上昇。1980年以来 の高値を記録した。エネルギーコストの高騰とドルの下落が、インフレヘッジ としての金の需要を高めた。銀は下落した。

この日はニューヨークの原油先物相場が、トルコとイラクの緊張の高まり を背景に最高値を更新した。

ラサール・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のトレーダー、マット・ ジーマン氏は、「原油が最高値を更新し、ドルが下落。金上昇の材料がそろっ た」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12月限 は前週末比8.40ドル(1.1%)高の1オンス=762.20ドル。一時は1980年1 月22日以来の高値となる765.40ドルまで買い進まれた。銀先物12月限は前 週末比4.8セント(0.4%)安の1オンス当たり13.855ドル。銀の年初来の値 上がり率は7.1%。