米シティやBOA:9兆円規模ファンド設立へ-ABCP市場再生に向け

米銀シティグループとバンク・オブ・アメ リカ(BOA)、JPモルガン・チェースは早ければ15日にも、資産担保コマ ーシャルペーパー(ABCP)市場の立て直しに向けた約800億ドル(約9兆 4000億円)規模のファンド設立について発表する見通しだ。事情に詳しい複数 の関係者が14日までに明らかにした。

関係者によると、ファンドはストラクチャード・インベストメント・ビー クル(SIV)から資産を買い取るためのもので、恐らく他の企業も出資する。 SIVは銀行が設立する投資部門で、保有資産にはサブプライム(信用力の低 い個人向け)住宅ローン債権も含まれている。

関係者によると、米財務省は9月16日にワシントンでウォール街の金融機 関幹部と会合を開き、銀行間の協力を促した。大手投資銀行のゴールドマン・ サックス・グループ出身のスティール米財務次官(国内財政担当)が銀行を集 め、各行の協力を求めた。

SIVは3200億ドル相当の資産を保有しており、買い取りファンドはこれ らの資産が投げ売りされ、信用市場で一段の価格下落を引き起こすことを防ぐ のに役立つ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE