中国:9月の貿易黒字、前年比56%増の239億ドル-税関当局(2)

中国税関当局が12日発表した9月の貿 易黒字は、前年同月比56%増の239億ドル(約2兆8000億円)となった。 8月は同33%増。米国や欧州は人民元相場や中国製品の安全性を問題視して おり、予想を上回る貿易黒字拡大で欧米との緊張が一段と高まる可能性もある。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト20人の予想中央値で は、9月の貿易黒字は216億ドルと見込まれていた。前年同月の黒字は153 億ドルだった。

欧州各国の財務相は今週、貿易不均衡の是正に向け、中国政府に対し人民 元の上昇ペース加速を容認するよう求めた。欧米では今年、塗料に鉛を含む玩 具など、中国製品の自主回収が相次いでいる。

INGグループのアジア調査責任者、ティム・コンドン氏(シンガポール 在勤)は、米国の政治家が来年の大統領選を控え保護貿易主義的な法律を呼び 掛けていることに触れ、「中国に対する感情は一段と悪化するばかりだろう」 と述べた。

9月の輸出は前年同月比22.8%増、輸入は16.1%増。1-9月期の貿 易黒字は前年同期比69%増の1856億5000万ドルと、過去最高となった昨年 通期の1775億ドルを上回った。

人民元は2005年7月のドルとのペッグ(連動)制廃止後、ドルに対し約 10%上昇。対ユーロでは約7%下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE