韓国サムスン電子:7-9月期は予想上回る黒字-LCD事業好調

アジア最大の半導体・薄型スクリーン・携 帯電話メーカー、韓国のサムスン電子が12日発表した2007年7-9月(第3 四半期)決算は、予想を上回る黒字となった。液晶表示装置(LCD)価格が 供給不足を受けて上昇したのが貢献した。

純利益は前年同期比1%増の2兆1900億ウォン。売上高は同9.6%増の16 兆7000億ウォン。ブルームバーグがアナリスト18人を対象にまとめた予想中 央値では、純利益が2兆1200億ウォン、売上高が16兆4000億ウォンになると みられていた。

サムスンに次ぐ世界2位のLCDメーカー、韓国のLGフィリップスLC Dも9日発表した7-9月期決算で約3年ぶりの大幅な増益を計上。同業で台 湾の友達光電(AUO)と奇美電子も7-9月期の売上高を大幅に伸ばした。 LCDメーカー各社は薄型パネル市場で、プラズマディスプレーメーカーのシ ェアを奪っている。

サムスンの株価は決算発表後に一時、前日比3.1%上昇した。

-- Editor: S. James (cho)

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Kevin Cho in Seoul at +82-2-3702-1642 or kcho2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Young-Sam Cho in Seoul at +82-2-3702-1639 or ycho2@bloomberg.net

企業別ニュース: