トヨタの燃費向上方針に抗議-米環境団体が全国紙に意見広告掲載

トヨタ自動車は、自動車の燃費向上を目的 とした米国の法案を妨害しているとして、9つの米環境保護団体からの抗議に 直面している。

トヨタやゼネラル・モーターズ(GM)のほか自動車メーカー7社で構成 する米自動車工業会(AAM)は、企業平均燃費(CAFE)基準を2020年ま でに1ガロン当たり35マイル(約56キロ)に引き上げることを義務付ける上 院で可決した法案に反発。一方で、乗用車の同基準を22年までに同35マイル、 ライトトラックを同32マイルにそれぞれ引き上げる下院案を支持している。現 在の基準は乗用車が同27.5マイル、ライトトラックが同22.2マイル。

9団体は11日付の米全国紙USAトゥデーに1ページ全面の意見広告を掲 載。トヨタに抗議文を送付するためのウェブサイトを立ち上げ、同社のハイブ リッド車「プリウス」の所有者に米15州の販売代理店で抗議集会を行うよう呼 び掛けた。

9団体の1つ、ナショナル・エンバイロンメンタル・トラスト(NET) のプレジデント、フィリップ・クラップ氏は「トヨタは、自らのスローガン 『Moving Forward』(前進)を実践し始める必要がある。われわれを後退させて はならない」と述べた。

北米トヨタのグループ・バイスプレジデント、ジョゼフィン・クーパー氏 は「トヨタには燃費の向上を支持してきた長年の実績がある」と説明。その上 で、下院案は「すべての自動車メーカーにとって現実的で達成可能な期限を設 定するものだ」と指摘した。

-- Editor: Versical

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Gopal Ratnam in Washington at +1-202-654-1225 or gratnam1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dave Versical at +1-248-827-2944 or dversical@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE