米TXU:KKRとTPGが率いる投資家集団へ身売り完了-今後分割も

米テキサス州で最大の電力会社TXUは 10日までに、米投資会社のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)とT PGが率いる投資家グループへの320億ドル(約3兆7000億円)規模の身売 りを完了した。これにより、同社分割の可能性が浮上している。

債務引き受けも含めた買収総額は約450億ドルと、米企業のレバレッジ ド・バイアウト(LBO)案件で過去最大規模。アナリストらは、買い手の投資 家グループは今後恐らくTXUを、発電所や送電設備、電力小売りなどに分割し て売却することで、リターン(投資収益率)の最大化を図るとみている。

MFCグローバル・インベストメント・マネジメントで50億ドル相当の 資産を運用するグレゴリー・フェルプス氏は「KKRとそのパートナー企業がT XUを分割する可能性が最も高いとみている」と述べた。

TXUの発表資料によれば、同社はエナジー・フューチャー・ホールディ ングスに社名変更し、ニューヨーク証券取引所とシカゴ証券取引所での普通株取 引は10日の取引終了時点で停止された。