ローソン:8月中間期純利益は前年同期比3.3%増の123億円(2)

コンビニエンスストア2位のローソンが10 日発表した8月中間期の連結決算によると、純利益は前年同期比3.3%増の123 億円となった。

中間期の売上高に相当する営業総収入は同7.0%増の1534億円。加盟店増加 によるロイヤリティ収入が増加したことが寄与した。また、子会社のローソン・ エイティエム・ネットワークスのATM手数料収入が増加したことも総収入を押 し上げた。

店舗増加に伴い販売費および一般管理費が増加したものの、増収効果が大き く、営業利益は同5.5%増の255億円、経常利益も同4.8%増の255億円となった。

通期業績予想を下方修正

通期(08年2月期)の連結業績予想は、営業総収入が前期比7.4%増の 3040億円と従来予想の3090億円を下方修正した。また経常利益も従来予想の 463億円から同1.9%増の455億円に、純利益が222億円から同3.4%増の217 億円にそれぞれ予想を引き下げた。しかし、営業利益は同3.1%増の459億円と 予想を据え置いた。

ローソンの株価終値は前日比90円(2.5%)高の3740円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE