中国の鉄鋼業界:CO2排出量が世界最大に、51%占める-業界団体

世界の大手鉄鋼メーカーでつくる国際鉄 鋼協会(IISI)によると、中国の鉄鋼生産の急増により、同国の鉄鋼業界 が生産国のなかで最も多く二酸化炭素(CO2)を排出している。

IISIが9日、ベルリンで開いた年次総会で発表した声明によると、世 界の鉄鋼メーカーのCO2排出量のうち中国が約51%を占める。

IISIでCO2排出量に関するデータ収集を推進した英コーラス・グル ープのフィリップ・バリン最高経営責任者(CEO)は総会で講演し、「中国 では非効率的な生産現場がある」と指摘。「新興工業国は、最新の技術を活用 するよう注意する必要がある」との見解を示した。

鉄鋼業界は化学、セメント業界に次いでCO2の排出量が多い。このため、 地球温暖化の抑制に向け温暖化ガスの排出量を削減するよう、各国政府や環境 団体から鉄鋼業界への圧力がかかっている。

-- Editor: Brice

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor: abe 記事に関する記者への問い合わせ先: Matthew Craze in Buenos Aires at +54-11-4321-7735 or mcraze@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Ludden +44-20-7673-2645 or jludden@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE