NY原油(10日):続伸、トルコがイラク侵攻を警告-終値81.30ドル

ニューヨーク原油先物相場は続伸。トル コ軍がイラク北部の武装組織の拠点を攻撃するとの観測から、原油輸出が減少 するとの懸念が広がった。

トルコはこれまで、イラクと米軍当局がイラク北部のクルド労働者党(P KK)を鎮圧しない限り、国境を越えてPKKを攻撃すると警告。イラクの石 油確認埋蔵量は世界3位。原油相場は午前中、前日終値を下回る場面もあった が、午後に入り騰勢を強めた。

BNPパリバ・コモディティー・フューチャーズ(ニューヨーク)の石油 ブローカー、トム・ベンツ氏は、「トルコがイラク北部に侵攻するとの懸念で 原油相場が押し上げられた。また相場が少し下落すると決まって多くの買いが 入る」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引される原油先物11月限は 前日比1.04ドル(1.30%)高の1バレル=81.30ドル。前年比では39%上昇 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE