英銀RBS:オランダのABNアムロ買収合戦制す-「高い買い物」

、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットラ ンド・グループ(RBS)は、半年におよぶ買収合戦を制し、オランダの銀行 ABNアムロ・ホールディングを買収することになった。次は、719億ユーロ(約 11兆8600億円)を投じた買収が企業価値を高めることを株主に納得させる必要 がある。

レンズバーグ・シェパーズでRBS株を含めた運用に携わるコリン・モート ン氏は「RBSにはプレッシャーがかかる」として、「RBSはABNを欲し、 高額で買収した。市場は今後1年-1年半の間に、買収の成果が出るかどうか を注視するだろう」と話した。

過去最大規模の銀行買収でサンタンデール銀行とフォルティスとの3行連 合を率いたRBSの株価はこの間に13%下落し、ABN買収価格が高過ぎるの ではないかとの市場の疑問を反映している。

ABNの8日の発表によると、同社株主の約86%はRBSなど3行による 買収に賛成した。同社は12日に再び発表を行い、銀行業界で最大の買収の条件 がすべて満たされたかどうかを明らかにする。

英銀バークレイズは5日、632億ユーロでのABN買収提案を取り下げた。 3行連合は1万9000人の削減と43億ユーロの経費削減、2010年までに増収を 実現することを約束している。

ラサール取得に失敗

RBSのフレッド・グッドウィン最高経営責任者(CEO)は2005年から ABN買収を模索し始め、当初はABNの米部門ラサール銀行に最も関心を持 っていた。ABNのライクマン・グローニンクCEOはRBSの提案に先立っ てラサール銀行を米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)に売却し、RBSは ラサールを手に入れることはできなかった。それでも、ABNをバークレイズ に渡すことを回避したい考えから、3行連合は7月にラサール抜きの提案に切 り替え、買収代金の現金部分を増やした。米国のサブプライム住宅ローン問題 で銀行株が下落するなかで、RBS陣営の案は株式中心のバークレイズ案に比 べ一段と有利になった。

モートン氏は「短期的な勝ち組はABNの株主だ」と指摘した。買収側の 3行は、借り入れコスト上昇のなかで合計400億ドルを調達しなければならな かった。RBSは9月26日に約70億ドル相当を起債した。

オリエル・セキュリティーズのアナリスト、マイク・トリピット氏は「最 初から難しい買収案件であり、ラサールを手に入れられなかった。その上に流 動性危機が重なった」として、3行が「買収提案を撤回しても誰も驚かなかっ ただろう」と語った。

3行によるABN買収価格はABNの純資産額のほぼ3倍。米銀JPモル ガン・チェースがバンク・ワンを買収した価格(580億ドル)は純資産額のほぼ

2.35倍だった。ABN買収の価格は米シティコープによるトラベラーズ・グル ープ買収の699億ドルを上回り、金融業界で過去最大規模となる。

RBS株は8日、1.6%安の560.5ペンスで終了した。時価総額は532億ポ ンドとなる。フォルティス株とサンタンデール株もそれぞれ下落した。

ABN分割案は、ブラジルとイタリア部門をスペインのサンタンデールに 割り当てる。買収代金のうちサンタンデールが支払うのは199億ユーロ。ベル ギーのフォルティスは240億ユーロを支払い、オランダの個人向け銀行事業と 資産運用、プライベートバンク事業を取得し、「ベネルクスのリーダー」となる。 RBSは160億ユーロを支払い、ABNのアジア事業と投資銀行事業を引き継 ぐ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE