欧州財務相会議、ECBユーロ売り介入について協議を-仏財務相

フランスのラガルド財務相は5日、来週開 かれる欧州財相会合では、対ドルでのユーロ高を抑えるために欧州中央銀行 (ECB)によるユーロ売り介入を協議するべきだとの見解を示した。

ラガルド財務相はパリでインタビューに応じ、ECBはユーロ相場に介入 すべきかとの問いに対し、「それは欧州財相が8日に協議し、ECBの独立性 を尊重したうえでECBに提案する事項だ。ECBはどのような対応を取るべ きか、自ら決定するだろう」と述べた。

ユーロ相場は今週、ドルに対して最高値を記録、政治家や輸出業者からは ユーロ高に対して批判が相次いでいた。

ラガルド財務相は、「フランスはECBを批判しているのではない。提案 しているのだ。われわれの責務は通貨上昇に伴う経済や企業への懸念を示すこ とだ」と語った。