アイフルの社債売り・CDS買いを推奨、利息返還リスク指摘-UBS

UBS証券は消費者金融大手アイフルの社 債を売り、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を買うよう推奨した。 貸金業法の改正に伴う上限金利引き下げで利息返還請求が高まり、収益を圧迫 するとの懸念が理由。

アイフルのCDS価格は同社が利息返還に応じられないリスクが1カ月前 と比べて消費者金融大手の間で最も高まっていることを示している。UBSの 大槻那奈クレジットアナリストによると、アイフル社債の保有リスクは過去5 年あまりでの最高水準近辺にとどまる可能性がある。

大槻氏は「業界全体にとって回復が困難になっている。CDSプレミアム が大きく低下する要因は見られない」と述べた。