米CP発行残高:週間で45億ドル増加、8月以来初めてのプラス

米連邦準備制度の統計によると、米コマー シャル・ペーパー(CP)市場は8週間ぶりに拡大した。資産担保証券の一部に 買いが戻ったのが背景。

償還期限が270日以内のCP発行残高は3日までの1週間で45億ドル (約5200億円)増加し1兆8600億ドル(季節調整済み)となった。7年ぶり の大規模な縮小に歯止めがかかった格好。一方、資産担保CP(ABCP)は 61億ドル減少。減少幅は前の週から縮小した。

CP発行残高は8月初めから3681億ドル(17%)縮小していた。安全な 投資先を求めて米国債に資金がシフトしたのが背景。マネー・マーケット・ファ ンドや短期債に投資するミューチュアルファンド(投資信託)がCPの中心的な 買い手となっている。