フィリピン中銀:政策金利を0.25ポイント引き下げ5.75%に-予想外

フィリピン中央銀行は4日、政策金利を

0.25ポイント引き下げ、5.75%にすることを決めた。利下げは今年2回目。ペ ソ高の抑制が狙い。

中銀のテタンコ総裁はマニラで記者団に対し、政策金利である翌日物金利を 引き下げたと述べた。ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト12人 の調査では、2人が今回の決定を予想。9人が据え置きを見込んでいた。