欧州委:レプソルなど石油会社4社に制裁金-原材料で価格カルテル

欧州連合(EU)の欧州委員会は3日、ス ペインのレプソルYPFなど石油会社4社に対し、アスファルト原料のビチュ ーメンで価格カルテルを結んでいたとして総額1億8370万ユーロ(約300億 円)の制裁金支払いを命じた。

制裁金はレプソルが8050万ユーロ、スペインのコンパニア・エスパニョー ラ・デ・ペトロレオスが8390万ユーロ、スウェーデンのニーナス・グループが 1060万ユーロ、ポルトガルのガルプ・エネルジアが870万ユーロ。欧州2位 の石油会社、英BPもカルテルに加わっていたものの、情報提供などの調査協 力で制裁金は免除された。

欧州委のクルス委員(競争政策担当)は、「これらの企業がスペインの消費 者と当局、納税者をほぼ12年にわたり欺いてきたことを容認することはできな い」とする声明を発表した。

レプソルは、EU当局への協力を考慮すると、制裁金の額が「大き過ぎる」 とするコメントを発表。制裁金の支払いに備え、2005、06年に引当金を積んで いるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE