英HSBC株:6年で最大の上げ-香港で一時4.3%高,金融不安が後退

欧州の銀行最大手、英HSBCホールディ ングスの株価が3日の香港市場で上昇し、値上がり率はここ6年で最大となっ た。米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連の損失から 金融業界が立ち直りつつあるとの期待が広がっている。

香港で取引されるHSBCの株価は現地時間午後零時30分(日本時間同1 時半)現在、前日比3.3%高の148.70香港ドル。一時は4.3%高と、2001年10 月4日以来で最大の上昇率となった。

ベアリング・アセット・マネジメント(香港)の運用担当者、フランキー・ チュン氏は、米国の株式相場「回復を受けて、サブプライム関連の懸念が減っ ているようだ」と述べ、HSBC株は「ほかの金融株に追い付く動きをしてい る」と指摘した。

HSBCは約8カ月前に米サブプライム関連の損失を明らかにしており、 業界の中でも情報開示が早かった。クレディ・スイス・グループのアナリスト、 ビル・ステーシー氏は3日、HSBCは「ポジションを早期に開示したことで、 幾らか評価されている」と語った。同行への投資判断を「ニュートラル(中立)」 としている同氏のHSBC目標株価は166香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE