米グーグル株は600ドルに達する公算、オンライン広告市場拡大で

インターネット検索サイト運営の米グーグル の株価は600ドルに達する可能性がある。企業が広告の場をウェブへと移す動 きが、同社の売上高を押し上げると期待される。

グーグル株は2004年に85ドルで公開された。現在の株価は米市場で6番 目の高さとなり、年初来では27%上昇している。2日のニューヨーク時間午後 4時(日本時間3日午前5時)は前日比1.84ドル高の584.39ドル。

グーグルは米ヤフーやマイクロソフトからオンライン広告市場のシェアを 奪い、過去3年は毎年70%以上の増収を達成してきた。動画共有サイトのユー チューブ買収で、サイトの利用者も広告主も増える見込みだ。

ジーン・マンスター氏らパイパー・ジャフレーのアナリストは1日付のリ ポートで、「グーグルは引き続き、主導的な位置にある」と指摘した。同氏はグ ーグル株の投資判断を「アウトパフォーム」として、株価が1年以内に660ド ルに達すると予想している。

調査会社Eマーケターによると、米国のオンライン広告市場は今年、前年 比で29%拡大し217億ドル(約2兆5120億円)に達する見込みだ。2011年ま でには2倍強に拡大すると予想されている。また、調査会社コムスコアによれ ば、インターネット検索でのグーグルのシェアは8月に56.5%と、前月の55.2% から増えた。ヤフーとマイクロソフトはそれぞれ23.3%と11.3%に低下した。