グリーンスパン氏:CDOの見直しも、サブプライム問題受け

グリーンスパン前米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は2日、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅市場の混 乱を受け、債務担保証券(CDO)の「一部見直し」が行われるとの見方を示し た。

グリーンスパン前FRB議長はブルームバーグ・ニュースのロンドン支局で、 「多くの人は、この危機の原因となったのはサブプライム市場だと述べてきた」 が、危機を引き起こしたのは「サブプライム資産担保市場だ」と指摘。「結果と して、CDOの一部見直しが行われるだろう」と予想した。

各中央銀行は、市場がCDOリスクを算定する方法について懸念を示してき た。グリーンスパン前議長は、「モデルから導いた設定価格は、実際の市場価格 と4倍食い違うことがざらにあり、役に立たない」と述べた。ただ、CDO自体 については、「有益な面がある」とした。

金融商品の開発については、新商品は「金融業界にとってプラスだ」と述べ た上で、「数の面では限度があってしかるべきだが、私から見ればわれわれはそ の限度を超えている」と指摘した。また仕組み商品の多くの寿命は長くないと述 べた。