金融市場の混乱で「大幅な調整」に直面-トリシェECB総裁が講演

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は 1日、米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題が借 り入れコストを押し上げたことから、金融市場が「大幅な調整」に直面してい るとの見方を示した。

マルタを訪れているトリシェ総裁は講演で、「われわれは現在、リスクの 見直しを伴う大幅な市場の調整に加え、高いボラティリティ(変動性)とさま ざまな市場の混乱に関連する問題を目の当たりにしている。こうしたことは、 特に短期金融市場の正常な機能を脅かした」と述べた。ECBは8月半ば以後、 短期金融市場で緊急の資金供給を実施している。