スイスのUBS:7-9月期は赤字-サブプライム関連の評価損響く

資産規模で欧州最大の銀行、スイスのUBS は1日、2007年7-9月(第3四半期)が赤字となったことを明らかにした。 同行は保有債券の評価額を引き下げた。

発表によると、第3四半期の税引き前損失は6億-8億スイス・フラン(約 590億-790億円)となる。同社はまた、投資銀行責任者のヒュー・ジェンキン ス氏とクライブ・スタンディッシュ最高財務責任者(CFO)の退任も発表し た。

これで、UBSの債券トレーディング事業は再び打撃を受けたことになる。 同行は5月に、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン担保 証券投資で損失を出したヘッジファンド部門のディロン・リード・キャピタル・ マネジメントを閉鎖し、取締役会は7月に最高経営責任者(CEO)だったピ ーター・ウフリ氏を更迭していた。米国の競合行の一部は債券や融資債権で損 失を被ったものの、黒字を確保している。

パンク・ジーゲルのアナリスト、リチャード・ボーブ氏はUBSの発表前 に、「銀行が実際に損失を出したならば、それは重大な経営ミスがあったことを 示唆するものだ」として、トップ更迭の理由が分かったと述べていた。