【5%ルール】米ブランデス、英シルチェスター、プロスペクト(2)

更新日時

財務省に24日提出された大量保有報告書 の主な状況は以下の通り。

有限責任中間法人スレンダー:ヤフー(4689)株式の保有比率を5.19%に した。保有目的は、「借株(現金担保付株式貸借取引)による保有」としている。

ソフトバンクが2003年から、保有するヤフー現物株を三井住友銀行に寄託 して融資を同行から受けていたが、株券電子化による現物株廃止に合わせ、契約 を株券消費貸借取引に変更。三井住友銀行系の株保有機関スレンダーが間に立つ 形になった。名義は今後もソフトバンク。

タワー投資顧問:セントラル総合開発(3238)株式の保有比率を17.80%か ら16.30%に減らした。

プロスペクト・アセット・マネジメント:やすらぎ(8919)株式の保有比率 を20.98%から19.95%に減らした。

ブランデス・インベストメント・パートナーズ:武富士(8564)株式の保有 比率を10.79%から9.95%に減らした。

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・リミテッド:チヨ ダ(8185)株式の保有比率を6.57%から5.50%に減らした。

モリモト:ビ・ライフ投資法人(8984)の保有比率を10.27%からゼロにし た。

大和ハウス工業:ビ・ライフ投資法人(8984)の保有比率を10.27%にした。

フィデリティ投信:グループ全体で良品計画(7453)株式の保有比率を

10.30%から9.28%に減らした。

モルガン・スタンレー証券:グループ全体でイー・アクセス(9427)株式の 保有比率を16.68%から16.24%に減らした。

ファースト・インダストリーズ・コープ:日本ペイント(4612)株式の保有 比率を9.09%から14.51%に増やした。

フィナンシャル・アンド・インベストメント・マネジメント・グループ・リ ミテッド:ソフトウェア・サービス(3733)株式の保有比率を5.00%から

3.88%に減らした。

--共同取材 駅 義則 Editor: Kenshiro Okimoto、Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 福田章人 Akihito Fukuda +81-3-3201-3914 afukuda@bloomberg.net 東京 芝久人 Hisato Shiba +81-3-3201-8437 hshiba1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE